VirtualBoxにOpenSUSEをインストールしてみた

現在の評価  
1 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 51 vote, average: 3.00 out of 5  (1 投票, 平均点: 3.00, 総合点:3 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

VirtualBoxが快適に動くのでSUSEをインストールしてみました。

色々と試してみたいのでとりあえずVirtualBox上に3個のSUSEをXEN環境でインストールしてみました。

CPU2個割り当てメモリ1GのSUSE11.3を3個インストールしました。

ネットワークのテストとルータを作ってみたかったので

ネットワーク設定下記の図のように設定してみました。

ルータ化する仮想SUSEはネットワークアダプタを追加します
■10.0.2.2(自動で割り振られる)
アダプタ1:「NAT」
■192.168.100.1
アダプタ2:「内部ネットワーク」

Yast-ネットワーク設定-ルーティングの
「IP転送を有効にする」にチェックをつける

ルータ化するには、SUSEのファイアーウォール設定で「インターフェース」と「マスカレード」を設定するだけです。
*マスカレードを設定するにはインターフェースを外部ゾーンと内部ゾーンを指定しなければいけません。
NAT側を外部ゾーン、内部ネットワーク側を内部ゾーンとします。

内部用のクライアントのネットワーク設定
■192.168.100.2
ゲートウェイ:192.168.100.1
DNS:8.8.8.8(googleのDNS)
アダプタ1:「内部ネットワーク」
■192.168.100.3
ゲートウェイ:192.168.100.1
DNS:8.8.8.8(googleのDNS)
アダプタ1:「内部ネットワーク」

設定が終われば192.168.100.2と192.168.100.3からブラウザでページが表示されれば完了です。


■この記事を評価する■
12345  (1 投票, 平均点: 3.00)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




コメント 停止中