第2回 SUSE11.3にEucalyptus(ユーカリプタス)をインストールしてみた

現在の評価  
1 vote, average: 2.00 out of 51 vote, average: 2.00 out of 51 vote, average: 2.00 out of 51 vote, average: 2.00 out of 51 vote, average: 2.00 out of 5  (1 投票, 平均点: 2.00, 総合点:2 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

前回の続きです。

手順どおりインストールしてもうまくいきません。

注意点のまとめ

最新版をインストールした場合再起動のたびに設定ファイル?が壊れます。
1.6系では問題ない様子。

wgetがssl対応していないといけません。
SUSE11.3では対応しているがeuca_confのスクリプト内でwgetのパラメタ設定に問題があります。
書き換えが必要です。

node追化時にsshがrsa認証に対応していないといけない。
SUSE11.3の場合はデフォルトでsshがrsaに対応しているがrootがrsaで認証できるように鍵の登録をおこなわないといけない。

上記改善後nodeが問題なく登録ができましたので、動作検証をおこないます。

追加で気になる点参考サイトではlibviertdをchkconfigでOFFにするようになっているのですが
OFFの場合はeucalyptus_ncのchkconfigをONにできないのでlibviertdをchkconfigをONにする必要がある。

xenはフロントエンド、ノード、共にインストールの必要がある。

詳細は次回に公開します。


■この記事を評価する■
12345  (1 投票, 平均点: 2.00)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




コメント 停止中