D525MWにWindowsServer2008R2をインストールしてみた

現在の評価  
0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5  (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

D525MWにWindowsServer2008R2にインストールしてみました。

サーバーの要求スペックが最少スペックよりもAtomD525MWの方が高いので試しに行ってみました。

推奨スペックは下記です

プロセッサ
最小:x64プロセッサ(1.4GHz)
推奨:x64プロセッサ(2GHz以上)

メモリ
最小:512Mbytes
推奨:2Gbytes以上

空きディスク領域
最小:32Gbytes
推奨:40Gbytes以上

今回のメモリは2Gがしか搭載していませんが問題なく動作しています。
最少スペックが512Mなので問題ないですね。

問題なくインストールは完了します。
通常通りのインストールで問題ありません。

インストール後LANが認識していません
AtomD525MWの定番ですね Realtekのドライバーがありません。

http://www.realtek.com.tw/downloads/downloadsView.aspx?Langid=1&PNid=13&PFid=5&Level=5&Conn=4&DownTypeID=3&GetDown=false

上記から
Win7 and WinServer 2008 R2 Auto Installation Program
Win7 and WinServer 2008 R2 Driver

をダウンロードしてLANアダプタを認識させてください。

あとは問題なく利用できます。

ためしにActiveDirectoryをインストールしました。
認証程度の処理なので高い性能はいらないと思います、実際利用する場合はテストしてください。

クライアント(1台)からの接続した場合はCPU使用率が20%に上がりましたがすぐに0%にさがりました。
ActiveDirectory程度の利用なら特に問題なさそうに思います。

評価版がダウンロードできるので試しにインストールして遊んでみてはどうでしょうか。


■この記事を評価する■
12345  (まだ評価されていません)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




コメント 停止中