Bootcampを試してみた

現在の評価  
0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5  (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

Macで簡単にWindowsを操作できるようになります。

「アプリケーション」の「ユーティリティ」に「Boot Camp アシスタント」があります。

準備するもの
購入時に添付してあるCD・DVD(手順でダウンロードする事も可能でCDに焼きます)
Windows7(インストール用)

起動すると

MACにwindowsをインストールするパーテーションを作って簡単にインストールする手順が表示されます。

手順にそってすすめてください。

Windowsをインストール開始されるとインストールするパーティションをフォーマットする必要があります。

手順道理に進めている場合は「BootCamp」というパーテーションがあるので選択後、フォーマットしてインストールしてください。

後はインストールが終わるのを待つだけです。

無事インストールが終わったら。

windowsサポートソフトウェアーをインストールします。(ダウンロードしたものか添付のDVD)でインストールできます。

簡単に終わるのでwindowsOSを持っている人は一回ためしてみてはどうでしょうか。

日本指のスクロールはwindowsでも利用できました。

2本指のスクロールは便利なのでお気に入りです。

OSの選択は起動時に「option」を押しながら起動すれば選択ができます。

デフォルトの起動を指定する場合はMACなら

「システム環境設定」ー「起動ディスク」で起動するOSを選択してください。

Windows7の場合は

「コントロールパネル」ー「BootCamp」ー「起動ディスク」で起動するOSを選択してください。

試していいないのですが

windows7以外も入りそうなのでwindows2008serverを一度試してみたいと思います。

Windows7 Professional

Windows7 Professional
価格:34,545円(税込、送料込)


■この記事を評価する■
12345  (まだ評価されていません)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




コメント 停止中