SUSE11.4にAirVideoServerをインストールしてみた

現在の評価  
0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5  (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

AirVideoを利用しているのですが、Windowsで動かすのが電気代とかがもったいない気分になるのでLINUXで動かす方法を探してみると、配布されているので設定してみました。

実際サイトに行くと
http://www.inmethod.com/air-video/download.html

WindowsとMAC用がダウンロードできるようになっています。

最新バージョン以外を探すとLINUX用を発見する事ができます
以下URL
http://inmethod.com/air-video/download/linux/alpha4/AirVideoServerLinux.jar

AirVideoSeverを今回インストールするのは「openSUSE11.4」にインストールしてみました。

まず通常通りSUSE11.4をインストールします。

パッケージをインストールする必要があるのでリポジトリを追加します。

「YaST」→「ソフトウェアーリポジトリ」
「追加ボタン」→「コミュニュティーリポジトリ選択」
「Packman」を追加します

次にFFMPEGをインストールします。

「YaST」→「ソフトウェアー管理」
「ffmpeg」を選択してインストールします。

上記で基本的な手順は終了です。

次に
http://inmethod.com/air-video/download/linux/alpha4/AirVideoServerLinux.jar
からファイルをダウンロードします。

ダウンロードした同じディレクトリにairvideo.propertiesを作成します
vi airvideo.properties

ファイルの内容

path.ffmpeg = /usr/bin/ffmpeg
path.mp4creator = /usr/bin/mp4creator
path.faac = /usr/bin/faac
password = [PASSWORD]
subtitles.encoding = windows-1250
subtitles.font = Verdana
folders = Movies:[ビデオファイルダウンロード先のPATH]

起動方法

#java -jar AirVideoServerLinux.jar airvideo.properties

試しに
拡張子「mp4」のファイルを試したところ問題なく再生できました。

今回はVirtualBox上で試してみたので実機で試してみたいと思います。

実機の予定はAtomD525です。

これで問題なければ電気代も抑えて最高ですね!


■この記事を評価する■
12345  (まだ評価されていません)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




コメント 停止中