CENTOS6.1へRED5をインストール

現在の評価  
0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5  (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

H264に対応した動画のストリーミング再生を行うためにテスト的にCENTOS6.1へRED5をインストールしてみました。

まずはCENTOSをダウンロード

既に6.1がリリースされています。

DVDのイメージをダウンロードして標準的なインストールでVirtualBoxへインストールしました。

ネットワークの設定はブリッジにしましょう。

基本的にCENTOSのインストールはデフォルトのまま行います。

インストールが終われば

今回はVirtualBox上にインストールしたのでGuest Additions もインストールします。

インストール用にパッケージを追加します。

yum install gcc
yum install kernel-devel.x86_64

上記コマンドで必要なパッケージをインストールします。

後必要な作業が

export=/usr/src/kernels/2.6.32-131.21.1.el6.x86_64

を実行しておきます。

/media/VBoxLinuxAdditions.run

を実行すると

Guest Additionsがインストールされ作業がスムーズに行えるようになります。
*RED5のテストだけならば「Guest Additions」は必要ありません。

RED5のインストール

yum install ant
wget http://trac.red5.org/downloads/1_0/red5-1.0.0-RC1.tar.g
tar xvzf ./red5-1.0.0-RC1.tar.gz

cd red5-1.0.0

実行は
./red5.sh

ファイアーウォール等が利用されている場合は停止しておきましょう。
必要なポートは8050です。

上記が設定後

http://localhost:5080/

でRED5の画面がでればOKです。

とりあえづ今日はここまでとします。
次回はH.264動画がストリーミングできるか試してみたいと思います。


■この記事を評価する■
12345  (まだ評価されていません)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




コメント 停止中