symfony2のAsseticを組み込む場合の設定方法

現在の評価  
0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5  (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

symfony2のAsseticを独自で利用したい場合はライブラリとして

ダウンロードが可能です。

複数のJSファイルを一つに統合する場合に利用でき、非常に便利です。

ダウンロード先
https://github.com/kriswallsmith/assetic

ダウンロードしたファイルを配置します。配置場所は好きな所へ(ソース内で指定するので特に限定する必要はありません)

利用方法

use Assetic\Asset\AssetCollection;
use Assetic\Asset\FileAsset;
use Assetic\Asset\GlobAsset;

$js = new AssetCollection(array(
new GlobAsset(dirname(__FILE__).’/../../../html/js/*’),
new FileAsset(dirname(__FILE__).’/../../../html/js/jquery-1.7.1.min.js’),
new FileAsset(dirname(__FILE__).’/../../../html/js/facebox.js’),
));

クラスファイルを読み込む方法として
下記のサイトを参考にローダをspl_autoload_registerを利用して下記の方法で実装します。
http://stackoverflow.com/questions/6961914/class-not-found-using-use

spl_autoload_register(
function($className)
{
$className = str_replace(“_”, “\\”, $className);
$className = ltrim($className, ‘\\’);
$fileName = ”;
$namespace = ”;
if ($lastNsPos = strripos($className, ‘\\’))
{
$namespace = substr($className, 0, $lastNsPos);
$className = substr($className, $lastNsPos + 1);
$fileName = str_replace(‘\\’, DIRECTORY_SEPARATOR, $namespace) . DIRECTORY_SEPARATOR;
}
$fileName .= str_replace(‘_’, DIRECTORY_SEPARATOR, $className) . ‘.php’;
//下記はAsseticを配置したパスを設定
require ‘/var/lib/’.$fileName;
}
);


■この記事を評価する■
12345  (まだ評価されていません)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




コメント 停止中