MACをiscsiターゲットにする方法

現在の評価  
2 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 52 votes, average: 5.00 out of 5  (2 投票, 平均点: 5.00, 総合点:10 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

今回はMacをiscsiターゲットにする方法を紹介します。

今回のテストは「OS X Yosemite 10.10.5」で行いました。

mac mini を利用したのでご紹介

用意するものは

Mac

インストールするものは

xcode
コマンドラインツール
istgt-osx

istgt-osxは下記からZipをダウンロードしました。
https://code.google.com/r/evansus-istgt-osx/source/browse/

evansus-istgt-osx-********.zipがダウンロードされるので解凍します。

参考サイトは
http://shell.peach.ne.jp/aoyama/archives/353

libeventのインストールが必要な場合があるのでインストールします。
#brew install libevent

brewのインストールが必要な場合
#ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”

ターミナルを起動します。

#./configure
# make
# make install
# make install-doc ← 必要か不明

インストールが成功したら
設定ファイルを作成します。
サンプルからコピーします。

# cd /usr/local/etc/istgt
# cp auth.conf.sample auth.conf
# cp istgt.conf.sample istgt.conf
# cp istgtcontrol.conf.sample istgtcontrol.conf ← 必要か不明

iscasiのファイル格納先の作成
# sudo mkdir /tank/iscsi/

istgt.confだけ編集して起動すれば接続は可能なはずです。
下記3箇所の項目を変更します。

[PortalGroup1]
Portal DA1 [IPアドレス]:3260

[InitiatorGroup1]
Netmask 192.168.0.0/24
(上記は例なので環境に合わせて修正)

[LogicalUnit1]
LUN0 Storage /tank/iscsi/istgt-disk1 10GB
 (上記で作成したディレクトリに作成されます。環境に合わせて変更可能です)

変更後に下記コマンドで起動します。
*設定ファイルにエラーがある場合は表示されます。

#/usr/local/bin/istgt

起動後windowsのイニシエーター等で接続できるか確認します。

MACにイニシエータが標準ではないので試せていませんがThunderboltのネットワークなら高速なiscsiが作成できそうですね!


■この記事を評価する■
12345  (2 投票, 平均点: 5.00)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




コメント 停止中