iMac late 2015 (MK482J/A) を購入したのでメモリを追加してみました

現在の評価  
3 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 5  (3 投票, 平均点: 5.00, 総合点:15 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

今回は新型のiMac

MK482J/Aを購入しました。

家電量販店で、購入できるモデルです。

メモリはあとから追加できるので選択しました。

IMG_1365

当然ですが、画面は広くて綺麗です。

Mac Book Proから音楽データと写真のデータを移行しました。

動きは「Mac book pro(Late2013)」にくらべると若干遅く感じます、スリープ復帰などきっとSSDとFusionDriveの違いが出ていると思います。

ただ遅くて使い物ならない訳ではないので快適に利用できます。

メモリは前回紹介したメモリを購入して追加しました。

メモリの増設方法

IMG_1368

対応するメモリは下記に掲載ちゅうです。ご参考にどうぞ!

iMac Late2015 対応 メモリのまとめ

メモリの取り付けは

電源コードを外して小さいボタンを押します。
硬いですがグッと押すとフタが外れます。

IMG_1369

元の8Gと8G2枚分を追加で

取り付け後は24Gになりました。

スクリーンショット 2015-11-15 7.57.31

仮想環境の構築にメモリは多いほうがオススメです。

今回はVirtualbox

スクリーンショット 2015-11-15 9.35.58

をMacにインストールしました。仮装環境にはLinux(Suse42.1)をインストール非常に快適に仮装環境が動かせます。

仮想環境についてはまた次回に紹介したいと思います。


■この記事を評価する■
12345  (3 投票, 平均点: 5.00)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




コメント 停止中