VirtalboxにOS X El Capitanをインストールする方法

現在の評価  
3 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 53 votes, average: 5.00 out of 5  (3 投票, 平均点: 5.00, 総合点:15 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

今回はVirtualbox(バーチャルボックス)上にOS X El Capitanをインストールする方法です。

必要なものは

OS X El Capitan インストール.app

スクリーンショット 2015-11-20 20.39.28

OS X El Capitan インストール.appはOS XをインストールしたMac上で「App Store」からダウンロードすることができます。

ダウンロード完了後は 下記のコマンドを1行づつ実行してインストールイメージを作成します。

コマンドの実行は

アプリケーション→ユーティリティー→ターミナルを起動して下記のコマンドを1行づつコピーして貼り付けます。
(#はコピーしません)
#hdiutil attach “/Applications/Install OS X El Capitan.app/Contents/SharedSupport/InstallESD.dmg” -noverify -nobrowse -mountpoint /Volumes/esd
#hdiutil create -o ElCapitanIMG.cdr -size 7316m -layout SPUD -fs HFS+J
#hdiutil attach ElCapitanIMG.cdr.dmg -noverify -nobrowse -mountpoint /Volumes/iso
#asr restore -source /Volumes/esd/BaseSystem.dmg -target /Volumes/iso -noprompt -noverify -erase
#rm /Volumes/OS\ X\ Base\ System/System/Installation/Packages
#cp -rp /Volumes/esd/Packages /Volumes/OS\ X\ Base\ System/System/Installation
#cp -rp /Volumes/esd/BaseSystem.chunklist /Volumes/OS\ X\ Base\ System/
#cp -rp /Volumes/esd/BaseSystem.dmg /Volumes/OS\ X\ Base\ System/
#hdiutil detach /Volumes/esd
#hdiutil detach /Volumes/OS\ X\ Base\ System
#hdiutil convert ElCapitanIMG.cdr.dmg -format UDTO -o ElCapitanIMG.iso
#mv ElCapitanIMG.iso.cdr ElCapitanIMG.iso

出来上がったisoファイルをvirtalboxでCDROMに設定します。

構成は
メモリは多めに設定した方が快適です。
ビデオメモリもMAXまで設定します。
HDDは今回は100Gほど設定しました。

構成の設定が終わればそのまま起動します。

黒い画面が表示された後文字列が流れる画面が出れば成功です。

MACのOSX上ではOSXの仮想環境を2つまでインストール可能だそうです。

ライセンス的にも問題ないのでテスト環境に作ってみるてはどうでしょうか?

注意点 追記

Virtualbox(バーチャルボックス)にOSX El Capitanをインストールしてみましたが
Apple idが利用できませんでした。

Appstore のソフトがインストールができない状態です。

Apple Idの認証が必要な場合はParallels等の仮想環境ソフトを利用しましょう。
OSのインストールもインストール用メディアを作らずに構築が可能です。有料になる分便利で使い易いです。

Mac で仮想環境を構築する場合の一番いい方法

これはおすすめです!!!


■この記事を評価する■
12345  (3 投票, 平均点: 5.00)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




コメント 停止中