DockerにShipyardを構築してMariaDBを起動する

現在の評価  
1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5  (1 投票, 平均点: 5.00, 総合点:5 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

今回も前回に引き続きDoker関連する内容で、MariaDBを起動してみました。

データは永続性で保持できます。

mariadb

イメージは公式を利用します。

https://hub.docker.com/_/mariadb/

「IMAGES」→「Pull Image」をクリックして「mariadb:latest」を入力してイメージをダウンロードします。

ダウンロードが終われば

「CONTAINERS」→「Deploy Continers」をクリックして設定を行います。

mariadb-deploy

■Image Configuration
Image Name:mariadb:latest

■Environment Variables
Name:MYSQL_ROOT_PASSWORD
Value:[MYSQLのroot用パスワード]

■Container Name
mariadb

■Restart Policy
「Always restart」を選択 OS再起動時に自動起動

■Port Configuration
Container Port:3306
Host Port:3306

「Deploy」をクリックし起動します。

データ保存の場所はDokerfileにより永続化の設定になっているのでVolume設定を追加する必要はありません。

環境
Mac mini(Late 2012)
OS macOS Sierra 10.12
Docker for Mac 1.12.1
shipyard 3.1


■この記事を評価する■
12345  (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




コメント 停止中