Dockerのコンテナを管理するならRancherがおすすめ

現在の評価  
1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5  (1 投票, 平均点: 5.00, 総合点:5 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

Dockerのコンテナを管理する物をずっとさがしていたのですが「Rancher」がおすすめです!

Dockerをインストールしてserverコンテナを実行するだけで利用を開始することができます。

対応OSは

RancherOS, Ubuntu, RHEL/CentOS7です、OSXは推奨されていません、一応動かすことは可能なようです。

今回はUbuntuでの運用です。
サーバー用コンテナは下記のコマンドで起動できます。

#sudo docker run -d --restart=unless-stopped -p 8080:8080 rancher/server:stable

起動が完了したら

ブラウザから下記へアクセスします。

http://localhost:8080

日本語の表示はブラウザの右下に下記のように言語を設定する場所があるのでくりっくして日本語を選択しましょう。

ホストの追加は

「インフラストラクチャ」→「ホスト」から「ホストを追加」をクリックして追加をします。

5番の項目に表示されているコマンドをコピーして追加するホストで実行すると追加されます。

注意点として
1台でサーバーとホストを運用する場合は

4番の項目にサーバーのIPアドレスを入力する必要があります。

入力しない場合は「127.0.0.01」へ書き換わってしまい動かなくなってしまいます。

ホストの追加はコマンドを実行すると自動で反映されます。

他にも、マシーンドライバーを追加することで、VMwareのEsxi上に、自動でホストを作成してホストを管理できる機能もあります。これは非常に便利です

マシーンドラーバーで
vmwarevsphere を有効化する事で利用可能です・


■この記事を評価する■
12345  (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。