機械学習とRancher用にRyzenCPUを購入しました

現在の評価  
1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5  (1 投票, 平均点: 5.00, 総合点:5 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

今回仮想環境で機械学習の環境とRancherの環境を作成しようとしたのですが、ESXiがRyzenCPUに対応してません。。。

ただ既にRyzenCPU 購入してしまったのでUbuntuをインストールしてみました。

目的はまず機械学習のためCUDAが利用できるようにNvidiaのGeForce GTX 1060も合わせて購入!
メモリは多い方がいいよとの事で6G乗ってるのを購入する予定が間違って3Gの方を購入してしまいました。

とりあえず構成
CPU:AMD CPU Ryzen7 1700
マザーボード:MB3902 MSI
グラフィックボード:DUAL-GTX1060-O3G
メモリ:W4U2400CM-4G
等々

その他にHDDと電源はあったものを利用してUbuntuをインンストールしました。

今回構成したパーツをAmazonで購入の場合は下記に紹介

インストール後はchainar2.0をインストールしてCUDAを利用できる環境を整えます。
環境構築は詳しく解説されているサイトがあるのでご確認ください。
難しくはないと思います。

Jupyter Notebookの環境があると捗ると思います。

ハマった点は
cuDNN is not enabledのメッセージが表示される事でした。
CUDAを利用する場合にCUPYをパッケージからインストールしても改善されないので

下記を参考に
https://github.com/cupy/cupy/issues/115

下記からソースをダウンロードしてインストールを行いました。
https://github.com/cupy/cupy

これでメッセージの表示がなくなれば完了です。

合わせてUbuntuにDockerをインストールしてRancerを起動しました。

Chainerの環境もコンテナ上で行いたかったのですがCUDAを利用する場合は「Nvidia-Docker」を利用する事になります。

Jupyter Notebookを起動すればブラウザからChainerでの学習が行え、Rancherを利用すれば必要なコンテナが簡単に起動できる環境が整います。


■この記事を評価する■
12345  (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




コメント 停止中