Angular4でサーバー用ファイルを配置する方法

現在の評価  
0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5  (0 投票, 平均点: 0.00, 総合点:0 )


  にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ    
人気記事一覧




Twitterに投稿

最近「Angular4」をいじりだしました。意外と便利そうです。

ただ、実行用のファイル数が多いので実際のサーバーへ設置する場合はどうするのか確認しました。

開発環境の構成でファイルをFTPでアップロード使用とすると「node_modules」というフォルダがひつようになるのでとても厄介です。

これをアップロードせずに公開する方法は「node_modules」から読み込まない設定にすればいいので

htmlファイルを下記のように「https://unpkg.com」から読み込むようにします。
注意点は「systemjs.config.server.js」です。
通常は「systemjs.config.js」ですが配布用に別途作成します。

<script src=”https://unpkg.com/core-js/client/shim.min.js”></script>
<script src=”https://unpkg.com/zone.js@0.8.4?main=browser”></script>
<script src=”https://unpkg.com/systemjs@0.19.39/dist/system.src.js”></script>
<script src=”systemjs.config.server.js”></script>
<script>
System.import(‘main.js’).catch(function(err){ console.error(err); });
</script>

「systemjs.config.server.js」の中身は「systemjs.config.js」をコピーして
下記の部分を書き換えます。

paths: {
// paths serve as alias
‘npm:’: ‘node_modules/’
},

paths: {
// path serves as alias
‘npm:’: ‘https://unpkg.com/’
},

これだけです。
これで必要なファイルを外部から取得し「Angular」を動作させる事ができます。


■この記事を評価する■
12345  (まだ評価されていません)
Loading...


カスタム検索






高評価記事一覧




  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。